七つの海の株日記

中長期投資を中心にIPOやスイングもやります

続落

 保有株式

  ウェルビー

  コプロ・ホールディングス

  コパ・コーポレーション

 

 

 ウェルビーとコプロ・ホールディングスとコパ・コーポレーションを買いました。

 

 

 私がコプロ・ホールディングスについて議論をお願いしていた「すぽさん投資ぶろぐ」で評価が出ました。

 良かったら、アクセスしてみてください。

 

 

 今日、コプロ・ホールディングスのIRにメールにて質問し、メールにて回答をいただきました。

 以下の通りです。

 質問

 2021年3月期決算説明資料の8、9ページによると、2020年3月期上期と比べて2021年3月期上期営業利益が138百万円少ないにもかかわらず、2020年3月期通期と比べて2021年3月期通期の営業利益が200百万円増えているということは、2021年3月期上期と比べて2021年3月期下期だけで営業利益が前年同期比338百万円も増えているということになりますが、根拠は何ですか(例えば2020年3月期下期にはシステム構築に250百万円投資したが、2021年3月期下期にはそうした投資がないから、とか)

 回答 

 「2021年3月期第2四半期決算説明資料」5〜6ページに記載の通り、 当上期は一過性コストを151百万円計上いたしました。 また、2020年4月から開始された「同一労働同一賃金」制度を受け、 技術社員の給与を引き上げたため、 売上原価率が前年同期に比べ5.5pt低下いたしました。 この結果、当上期は売上高が前年同期比+17.8%の増収となったものの、 コスト増により、営業利益は前年同期比▲138百万円の減益となった次第です。 一方、当下期においては、 引き続き堅調な売上伸長(前年同期比17.4%増)のほか、 一過性コストの剥落、及びチャージアップ交渉の取り組みによる売上原価率の改善を見込んでいることから、 営業利益は前年同期比+339百万円、+36.8%の増益を見込んでいます。 以上の結果、通期では前期比+200百万円、+12.6%の営業増益を見込んでいます。

 

 

 

 

 

 株式投資をする際には、必ず自分で確認して、自己責任でお願いします。